医療法人の新規診療所(分院)開設のために必要な書類

医療法人の新規診療所(分院)の開設のためにはどのような書類が必要でしょうか

医療法人の新規診療所(分院)の開設のため都道府県に提出する書類は

新規診療所(分院)開設は、1.必要な自己資本が確保されていること、2.借入金がある場合が確実なものであること、3、新規診療所の建物又は設備の賃貸借契約が適正になされていること、4、開設に関する資金計画が適正であること等が審査されます。         そのため新規診療所(分院)開設の定款変更認可申請には以下の書類の提出が必要になります。

①定款(寄附行為)変更認可申請書                           ②定款(寄附行為)の新旧条文対照表                          ③新定款(寄附行為)の案文                              ④定款(寄附行為)を変更することを決議した社員総会(理事会、評議員会)議事録      ⑤開設しようとする診療所等の概要・図面(周辺の概略図、敷地図、フロアの全体図、建物の平面図)                                       ⑥賃貸借契約書の写し・覚書、不動産の登記事項全部証明書(3ヵ月以内のもの)                ⑦管理者の就任承諾書・医師(歯科医師)の免許証の写し                 ⑧事業計画書、借入をする場合は金銭消費貸借書の写し、内装工事や医療機器等の見積書又は契約書の写し                                      ⑨2年間の予算書 収入予算書・支出予算書、職員給与費内訳書(いずれも各施設毎)         ⑩直近の事業報告書等提出書                             ⑪直近の勘定科目内訳書(税務署に提出した書類一式)                  ⑫医療法人の登記事項証明書(履歴事項全部証明書)(3ヵ月以内のもの)         ⑬新役員の役員就任承諾書、履歴書、印鑑登録証明書(3か月以内のもの)           ⑭医療法人の概要                                  これ以外の書類が必要になることがございます。

そちら事務所にご依頼する場合、どの書類をお持ちすればよろしいでしょうか

新規診療所(分院)の開設の状況方法等についてご相談を受けてみないとわからない点もございますが、一般には以下の書類をお願いします。

①開設しようとする診療所等の図面(敷地図、フロアーの全体図、建物の平面図、)             ②賃貸借契約書の写し                                ③管理者の医師(歯科医師)の免許証の写し                      ④借入をする場合は金銭消費貸借書の写し、内装工事や医療機器等の見積書又は契約書の写し ⑤直近の事業報告書等提出書                             ⑥直近の勘定科目内訳書(税務署に提出した書類一式)                  ⑦新役員の履歴書、新役員の印鑑登録証明書(3か月以内のもの)

その他以下の事項をご確認させていただきます。

①事業報告等提出書、役員変更届、登記事項の届出書の未提出のものはないか       ②診療所の名称、所在地、電話番号、診療科目、病床数                                ③社員、理事長、理事、監事の氏名、                          ④資金は、金融機関の融資、法人の内部留保金以外、社員の新たに出資するのか、その金額と出資する社員の氏名                                 ⑤医師、看護師、准看護師、事務員それぞれの常勤非常勤の数、1人当たりの月給、賞与               ⑥診療日、診療時間、非常勤医師の勤務状況                       ⑦新規診療所(分院)前の1日の平均患者数、平均単価

新規診療所(分院)の開設について相談してみませんか

当事務所は、医療関係を主に取り扱う行政書士事務所です。
当事務所は、原則、初回ご相談を出張相談で承っています。               お忙しい先生にわざわざ弊事務所にご足労頂くお手間をお掛けいたしません。
新規診療所(分院)の開設等のお悩みのご相談に伺います。                当職は、東京都で、医療法人指導専門員(専務的非常勤職員)を5年経験して、複雑な手続等にも対応できます。                                  お悩みの方は一度ご相談ください。
出張相談で迅速・正確に対応します。

ご依頼までの流れ

お客さま お電話・メールにて出張相談をご予約ください。
その際、どこまでの業務をご希望か確認いたします。

当職 出張の上、ご相談いたします。

お客様 ご依頼を決めたら見積もりをご請求ください。

当職 見積もりをお送りいたします。

お客様 見積もりを見てご依頼をされるか判断します。

医療法人の設立や個人診療所の開設など、医療法人に関連する行政手続きでお困りの方は、お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。

 

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

ページトップへ戻る