医療法人設立にともなう借入金引継

金融機関から、借り入れて個人院を開設しました開設のための借入金は、設立後の医療法人に引継がれるのでしょうか

個人院開設のため使われた借入金は運転資金を除いては設立後の医療法人設立に引継ぐことができますが、個人院の開設のため使われたことの根拠書類が必要になります。なお、医療法人に引継ぐことができる負債は、借入れ後診療所開設のために使った費用に限られ、それ以外は引き継ぐことはできません。

①設立時の負債内訳書

②負債説明資料

③金銭消費貸借契約書、支払額明細書

④内装工事、医療機器購入等の契約書(請求書)及び領収書

④の資料がないと設立後の医療法人に引継ぐことはできません。

①設立時の負債内訳書の記入方法

借入先 借入年月日 借入金額 円   借入金の使途 返済額 円
拠出財産   円 その他  円
○○銀行 令和2年3月25日 10,000,000 医療機器購入等8,000,000 2,000,000 1,000,000
10,000,000 8,000,000 1,000,000 1,000,000

          ↓ 下記に続く              令和2年◦月〇日現在←基準日

未 返 済 額 1月返済額 円 拠出者
拠出財産   円 その他    円
7,200,000 1,800,000 83,000 〇野〇夫
7,200,000 1,800,000

まず

借入金額個人診療所開設使用金額(運転資金を除く)と運転資金等その他使用金額

↓            ↓                     ↓

1000万円 =     800万円           +     200万円

に分けます。次に、基準日までに支払った金額が1000万円であるので、

未返済額の合計は900万円上述のこれを個人開設しよう金額とその他の使用金額に案分すると

900万円         =     720万円     +     180万円

になります。

②負債の説明資料の記入方法

     借入金         支払額 備考
年月日 借入先 借入金額 年月日 使途 支払先 支払金額
令和2年3月25日 ○○銀行 10,000,000 令和2年4月1日 医療機器

その他

○○販売(株)

 

8,000,000

 

2,000,000

①設立時の負債内訳書の「借入金」「使途」「支払金額」に記載した事項を転記して記載します。

 

医療法人設立について相談してみませんか

当事務所は、医療関係を主に取り扱う行政書士事務所です。
当事務所は、原則、初回ご相談を出張相談で承っています。お忙しい先生にわざわざ弊事務所にご足労頂くお手間をお掛けいたしません。
医療法人設立等のお悩みのご相談に伺います。当職は、東京都で、医療法人指導専門員(専務的非常勤職員)を5年経験して、複雑な手続等にも対応できます。お悩みの方は一度ご相談ください。
出張相談で迅速・正確に対応します。

ご依頼までの流れ

お客さま お電話・メールにて出張相談をご予約ください。
その際、どこまでの業務をご希望か確認いたします。

当職 出張の上、ご相談いたします。

お客様 ご依頼を決めたら見積もりをご請求ください。

当職 見積もりをお送りいたします。

お客様 見積もりを見てご依頼をされるか判断します。

 

 

 

 

 

 

 

 

医療法人の設立や個人診療所の開設など、医療法人に関連する行政手続きでお困りの方は、お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。

 

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

ページトップへ戻る