医療法人の理事長

医療法人の理事長の選任には制限がありますか、また、いかなるものを理事長にしなければならないでしょうか

医療法人の理事長に選任できないのはどのような場合でしょうか

理事長は理事の中から(医療法第46条の6第1項)理事会で選任します(医療法第46条の2第2項第3号)。従ってまず理事でない者は理事長になることができません。             また、理事長は1人であることを要し(医療法第46条第1項本文前段)、医療法人は理事長を2人選任して共同代表とすることはできません。従って、既に理事長を選任している医療法人は重ねて理事長を選任することはできません。                             さらに、理事長が医師又は歯科医師であることを要します(医療法第46条の6第1項本文後段)。従って医師又は歯科医師でない者は理事長になれません。もっとも都道府県知事の認可を受ければ医師又は歯科医師でない理事の中から理事長を選任できます(医療法第46条の6第1項但書理事長選任特例)。この医師又は歯科医師でない者が理事長になるための要件は厳しいです。
①理事長の子女が医学部等に在学していて医師になるまでのあいだ、医師でない理事長の配偶者が理事長になれる場合、又は
②社会医療法人や特定医療法人等の場合や
③(ⅰ)候補者の経歴(ⅱ)理事の構成等を総合的に勘案して(ⅲ)適正かつ安定的な法人運営を損なうおそれがない場合
これらについて審査し、認可の有無が判断されます。

医療法人の理事長にしなければならない者はどのような者ですか

医療法人の理事長は、管理者でも医療法人の出資者でも、設立代表者でもあることを要しませんが、医療法人設立時に理事長が設立代表者又は管理者ではなく、出資者でない場合はその理由の記載を要求する都道府県もあります。                                  また、理事長は社員であることを要しません(医療法第46条の5第2項第45条の6第1項参照)が、理事長を社員に選任するよう指導する都道府県もございます。

医療法人の理事長になるのが適切でない者はどのようなものですか

理事長が複数の医療法人の理事長を兼務することは適当ではありませんとする都道府県もあります。これを認めると一方の医療法人の経営がうまくいっていていても、もう一方の医療法人が経営に失敗し、うまくいっている医療法人から貸し借りが行われ共倒れのおそれがある。とともに、医療法は分院の新設、合併等により1つの医療法人が複数の病院、診療所等を開設することができるのにあえて複数の医療法人によって複数の病院、診療所等を開設することを認める必要がないからです。

医科と歯科と併設する医療法人の理事長について、管理者についての医療法第10条の2のような規定はございませんが、医科を中心とした医療施設を開設する医療法人の理事長には医師である者が、歯科を中心とした医療施設を開設する医療法人の理事長には歯科医師がなるのが望ましいです。

医療法人の理事長の選任等について相談してみませんか

当事務所は、医療関係を主に取り扱う行政書士事務所です。
当事務所は、原則、初回ご相談を出張相談で承っています。お忙しい先生にわざわざ弊事務所にご足労頂くお手間をお掛けいたしません。
医療法人の理事長の選任等でお悩みのご相談に伺います。
当職は、東京都で、医療法人指導専門員(専務的非常勤職員)を5年経験して、複雑な手続等にも対応できます。お悩みの方は一度ご相談ください。出張相談で迅速・正確に対応します。

ご依頼までの流れ

お客さま お電話・メールにて出張相談をご予約ください。
その際、どこまでの業務をご希望か確認いたします。

当職 出張の上、基金についてご相談いたします。

お客様 ご依頼を決めたら見積もりをご請求ください。

当職 見積もりをお送りいたします。

お客様 見積もりを見て医療法人と営利法人等のご依頼をされるか判断します。

医療法人の設立や個人診療所の開設など、医療法人に関連する行政手続きでお困りの方は、お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。

 

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

ページトップへ戻る